スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根の貼り替え工事が始まりました!

さすがに11月になりますと、寒くなってきました。

さて、今年は大型台風が甚大な被害を及ぼしましたが

その中でも、屋根の被害は甚大でした。

私どもの会社は相模平野の比較的平坦な地域な為

水害などの被害はそれほどでも無かったですが

やはり、風害による被害はかなりあったようです。


今回は座間市のU邸です。

このお宅は見晴らしの良い丘の上にあるのですが

見晴らしが良いというとそれなりに吹きっさらしになるわけで

台風など時はかなりの強風が吹くそうです。


今回の台風で屋根が剥がれたため、風害による被害と言うことで

火災保険適用になりました。


DSC_0302.jpg


風害火災保険

そうそう、以外と知らない方が多いです。

火災保険は火事の時にしか適用されないと思われている人も

多いと思いますが、

実は、風害や、雪害などの災害でも適用になる場合があります。


これは、我々のような専門業者が適切に判断すれば、適用になることが多いですので

せっかく火災保険を払っているのですから

そのような場合は是非活用したいものです。


ほとんどの場合は免責が20万円となっている場合が多いです。

つまり、工事費が50万円掛かる場合、その中の30万円は火災保険

補填することが出来ます。


しかしながら、昨今ではこの保険を悪用する業者も出てくるなど

問題になる場合も多いです。

たとえば、火災保険で簡単に工事が出来ますよと持ちかけて

風害や、雪害でないものについても、火災保険でやってしまおうとする業者です。

インターネット上で、「屋根は火災保険で100%工事が出来ます」などとうたっている業者などが

それにあたります。

気をつけないと、保険金詐欺の片棒を担ぐことにもなりかねないので

注意したいところです。
スポンサーサイト

tag : 屋根 相模原市 火災保険 風害 雪害 適用 免責 リフォーム

マンションやアパートのオーナー様へ!遠方からの現場調査や見積もり依頼もお気軽に!

秋の足音が・・・なんて言っていたのに

いつの間にか夏に逆戻りって感じですね。


先日HPからのお問い合わせで、遠方の方よりご連絡がありました。

マンションのオーナー様からで、弊社の近くにある物件を見ていただきたいという内容でした。


早速、現場調査に行ってきましたが外部階段鉄部の老朽化が進んでいて

そろそろ塗り替えの時期でした。

ついでに建物をぐるっと一回りしてきてその他問題が無いかどうかチェックしてきました。


相模原は都内へのアクセスも良くベッドタウンです。

マンションやアパートも非常に多いため、オーナーさんが遠方にいらっしゃる場合も

少なくありません。

オーナーの皆さんは不動産会社や管理会社さんに建物管理をお願いしている場合がほとんどで

弊社も不動産会社さんからは良く引き合いを頂きます。

ただ、不動産会社や管理会社さんは、特に定期的に点検しているわけではなく

住人の方から雨漏りやいろいろな不具合の報告があって初めて動くのが一般的です。


私が言っているのはけしてそれが悪いと言うことではなく、

不動産会社や管理会社はきちんと決められた契約条項のなかでやられているわけで

毎日点検などには動くはずが無いのです。

そして、我々とちがい、専門家ではないので具体的な現状判断が出来ないと言うことです。

塗装部分や防水部分などの外装部の場合、気づいたときには手遅れと言うことが少なくありません。



たとえば防水などは、トップコートと呼ばれる耐候性を良くする保護材を

数年ごとに塗り替えるだけで耐用年数を大きく延ばすことが可能です。

そういうメンテナンスを怠ると、気づいたときには防水層ごと改修しなくては

ならないことになります。



オーナー様が遠方の場合、やはり現状が気になる事が多いと思います。

そんなときは弊社を便利に使っていただければと思います。

tag : 相模原市 塗装 防水 アステックペイント 遮熱

悪質リフォームって!!

今日新聞を読んでいたらこんな記事が・・・

悪質リフォームにご用心」

一級建築士の石田隆彦さんと言う方の記事だ。

訪販法が改正になる前には良くあった記事だが
ここのところは落ち着いて来たと思っていたのだが
近年また被害が増えてきていると言う・・・

とりわけ大震災あとには急増すると言われているそうだ。

その記事によると悪質なリフォーム業者には
ある特徴があるという。

その一つは床下換気扇や天井裏の耐震金具、木材用防腐剤などの訪問販売。
シロアリ駆除などの床下工事から始まることが多く
その後いろいろな商品を高値で売り込んでくるとのこと。

単身の高齢者、障害者や認知症の方などを狙ってくるとのこと。
また、悪徳業者間で顧客名簿を販売し、特定の被害者に業者が群がるのを
「次々販売」と言い、典型例の一つだそうです。

また震災後にリフォームトラブルが深刻化するとも・・・
震災後、3ヶ月から半年を経たところが、メディア報道の機会が減り
世間の注目も薄れはじめ、悪徳業者にとって”ねらい時”と言う。

ともあれこういう業者に対してはこちら側としても自衛策を講じなければならない。

それでは予防のポイントは・・・

●「無料」「割引」「遠方業者」に要注意
●家には上げない、身分を確認
●契約前に家族・知人に相談

(私の会社でも無料診断もしますし、たまには割り引きもするんですが・・・)

ともかく一人で判断しないことが大切と思います。
また、各市町村区の消費生活センター、もしくは
消費者ホットライン「0570-064-370」に相談するのも良いでしょう。

それより何より私に相談して下さい!工事をやらせてくれとは言いません。
憎っき悪徳業者を一緒に退治していきましょう!!

tag : 相模原 塗装 防水 悪質リフォーム リフォーム 石田隆彦

プロフィール

代表取締役 金塚浩一

Author:代表取締役 金塚浩一
一友ビルドテック代表の金塚です。
日々の活動や個人的な小言など、寅さんの様に奮闘~努力~で書き綴って行きますので、よろしくお願いいたします。

〒252-0226
神奈川県相模原市中央区陽光台
2-3-11
TEL 042-754-9553
FAX 042-754-8033
info@ichi-you.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来訪者
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。